研究

最近の研究では、睡眠の重要性、そして睡眠時間の長さや質の欠如が、個人や社会全体の健康や幸福にとってどれほど有害であるかが明らかになっています。 カクイチ研究所では、アーシング技術を駆使した研究を通じて、睡眠の改善に役立つよう努力しており、睡眠と健康の向上にさらに役立つ新しい技術をテスト中です。

なぜ「睡眠」

もっと読む X

人々はしばしば睡眠の重要性を見落としており、人口の大部分は健康的な生活を送るために十分な睡眠をとれていません。

睡眠不足によって引き起こされる問題を解決するために、我々は最初にそれらを理解しなければなりません。 カリフォルニア大学バークレー校の神経科学および心理学の教授である睡眠科学者のマシュー・ウォーカー博士によるこちらビデオをご覧ください。 ウォーカー博士は、睡眠の重要性、および睡眠不足の結果について詳しく説明しています。 またウォーカー博士は、精神的な健康状態の悪化と睡眠不足の間の相関関係を強調しており、あらゆる精神疾患は睡眠不足と同時に起こることを示しています。

The Studies

Studies

Sleep aids studies

Sleep detriment studies

Studies

  • REM sleep selectively prunes and maintains new synapses in development and learning, Peking University (Sep 2016)

    REM sleep has multifaceted functions in brain development, learning and memory consolidation by selectively eliminating and maintaining newly formed synapses.

  • Sleep Drives Metabolite Clearance from the Adult Brain, University of Rochester (Sep 2016)

    Metabolic waste products of neural activity were cleared out of the sleeping brain at a faster rate than during the awake state... The restorative function of sleep may be a consequence of the enhanced removal of potentially neurotoxic waste products that accumulate in the awake central nervous system.

  • Manipulating circadian clock neuron firing rate resets molecular circadian rhythms and behavior, Vanderbilt University (Nov 2014)

    People who had most of their daily exposure to even moderately bright light in the morning had a significantly lower body mass index (BMI) than those who had most of their light exposure later in the day.

  • Timing and Intensity of Light Correlate with Body Weight in Adults, Northwestern University (Apr 2014)

    People who had most of their daily exposure to even moderately bright light in the morning had a significantly lower body mass index (BMI) than those who had most of their light exposure later in the day.

  • Happy as a Lark: Morning-Type Younger and Older Adults Are Higher in Positive Affect, University of Toronto (Jun 2012)

    Our results demonstrate that morningness is associated with higher positive affect among both younger and older adults. Morningness was also associated with better subjective health.

  • Human relational memory requires time and sleep, Columbia University (May 2007)

    Relational memory, the flexible ability to generalize across existing stores of information, is a fundamental property of human cognition. Little is known, however, about how and when this inferential knowledge emerges.

    These findings demonstrate that human relational memory develops during offline time delays. Furthermore, sleep appears to preferentially facilitate this process by enhancing hierarchical memory binding, thereby allowing superior performance for the more distant inferential judgments, a benefit that may operate below the level of conscious awareness.

我々の実験

カクイチ研究所では、個人と社会の健康を増進することを目指してきました。 私たちは、睡眠時間の長さと質を改善すること以外、より良い方法はないと信じています。 そのため、睡眠を改善する可能性がある新しいツールを試しています。 我々の実験のこれまでの結果は非常に有望です。

サイマティクスと睡眠

カクイチ研究所は現在、睡眠中にサイマティク周波数を再生するスピーカーを組み込んだ新しいユニークなベッドデザインを通して、ヒトへの適用における細胞療法を実験しています。 この治療法の結果についての我々の研究は進行中であり、そして我々はまもなくこの研究を発表することを計画しています。

アーシングと睡眠

大規模な研究データによると、人々は地球に定期的に接続されていれば、痛みや炎症が軽減され、気分、循環、そして最も重要なのは睡眠時間と質が改善され、より健康的な暮らしができるようです。そのために、私たちは睡眠補助薬を作成しました。こちらはearthing.jpから入手可能です。

睡眠の研究に関するニュース

もっと読む